オーベルチュールニセシカクワガタ画像館


Pseudorhaetus oberthueri
オーベルチュールニセシカクワガタ

生息地 中国 ベトナム北部

体長 新しい世界のクワガタムシ大図鑑によると♂:29.4-59.3mm ♀:26.2-36.0mm
ブリードでの最大個体は58.2mm(2007)

特徴 ニセシカクワガタ属の基準種
生体初入荷まではかなり稀な種だと思われていたのだが入荷が始まると稀どころか入荷数が多くて一気に値崩れ
しかし他のクワガタと同じで売れるから採り子ががんばって集めるからで現地で個体数が多いというわけでないらしい

他のニセクワガタ属と同様 艶が美しい種なのだが死ぬと油が浮いてきて汚くなる
アセトンで油抜きしないと標本で見栄えがしないね

ほかのニセシカクワガタとの違いは色の違いもあって区別は容易

飼育にチャレンジした結果は惨敗だったが以降 ブリードもそう難しくないせいか累代個体も見かけた
本種の適正温度がよくわからん どんなクワガタでも日本の夏の温度がまずいのはわかるのだが
ベトナムの高原がどれくらいの温度なのかよくわからん 涼しいほうがいいと思ったら全く産まなくなることがあるしなあ

オーベルチュールクロツヤシカクワガタ飼育記


生体を探す   標本を探す