マキタギラファノコギリクワガタ画像館

103mm
撮影協力 山崎オオクワさん
103mm
撮影協力 山崎オオクワさん
103mm
撮影協力 山崎オオクワさん
103mm
撮影協力 山崎オオクワさん
103mm
撮影協力 山崎オオクワさん
Prosopocoilus giraffa makitai
マキタギラファノコギリクワガタ
マキタイギラファ、ミンドロギラファノコギリクワガタ ルソンギラファなどどもいう

生息地 フィリピンのミンドロ島(基産地)、 ルソン島

体長 世界のクワガタムシ大図鑑によると♂47.5mm- 103mm   ♀記載時には未見となっていた
 今は生体で入荷もあるが数は多くはない 

特徴 ギラファのミンドロ島亜種 2005現在残る未入荷はチモールギラファくらいか?
ダイスケに続き ニシヤマ、ニシカワも入ってるしな

本亜種の入荷は2002くらいからみることもあったがさすがに入荷数が少ない 
大きくなる種ではないが光沢とすらり、さらりとしたアゴの伸びがかっこいい 

撮影させてもらったのは103mmの♂だが これってかなりの大型ってことかな? 
亜種の記載が1991なので記載時よりも大きいのが採集されているかもしれないが ブリードで抜きたいところ
ビッダーズの出品では見たことがある


記載文での特徴
♂:頭部と前胸背板は小顆粒が密布するが原名亜種よりも光沢が強い 端歯は原名亜種よりも明らかに小さい

♀:亜種記載時は記載者にとって未見の状態だった 新亜種名は蒔田増美氏にちなむ

マキタギラファノコギリクワガタ飼育記

生体探す   標本を探す