ケイスケギラファノコギリクワガタ画像館

撮影協力 山崎オオクワさん 101mm
撮影協力 山崎オオクワさん 110m 撮影協力 山崎オオクワさん
Prosopocoilus giraffa keisukei
ケイスケギラファノコギリクワガタ

生息地 インドネシアのフローレス島(基産地)、ロンボック島、スンバ島

産地からフローレスギラファともいうがフローレス島以外にも生息

体長 世界のクワガタムシ大図鑑によると♂ 48.5-118mm ♀ 35.5-48.6mm♂: ♀:
クワガタ全体の中でも最大級のクワガタ(最大ではないよ 議論はされているけどね ダイスケが抜くかも?)

特徴
大アゴは端歯は小さく、前方約1/3に位置にある長い内歯が発達する
頭部と前胸背板は小顆粒が密で上翅も細かい横しわ状に微細な小顆粒が密布する
原名亜種に比べると光沢が弱く、大型の個体では顕著


光沢が弱い
頭部の点刻は大きく密で 融合した点刻列がある 上翅の点刻は大きく密で 点刻間は細かい横しわ状になる
前胸背板の前角は水平もしくは緩やかに斜めに切れ、先端は角ばる

亜種名は 記載した筆者の一人 水沼氏の次男の名にちなむ

ケイスケギラファノコギリクワガタ飼育記

ギラファノコギリクワガタの
生体を探す   標本を探す