ルニフェルホソアカクワガタ画像館

ルニフェルホソアカクワガタ オス ルニフェルホソアカクワガタ オス ルニフェルホソアカクワガタ オス
撮影協力 山崎オオクワさん
インドネシア スマトラ島 ランプーン産
撮影協力 山崎オオクワさん
インドネシア スマトラ島 ランプーン産
撮影協力 山崎オオクワさん
インドネシア スマトラ島 ランプーン産
ルニフェルホソアカクワガタ メス ルニフェルホソアカクワガタ メス ルニフェルホソアカクワガタ メス
撮影協力 山崎オオクワさん
インドネシア スマトラ島 ランプーン産
撮影協力 山崎オオクワさん
インドネシア スマトラ島 ランプーン産
撮影協力 山崎オオクワさん
インドネシア スマトラ島 ランプーン産
撮影協力 山崎オオクワさん
インドネシア スマトラ島 ランプーン産
撮影協力 山崎オオクワさん
インドネシア スマトラ島 ランプーン産
ボルネオ島産
スマトラ産 スマトラ産 スマトラ産
Cyclommathus lunifer
ルニフェルホソアカクワガタ
テングホソアカクワガタ

生息地 広い生息域(マレー半島からスマトラ島 ボルネオ島)ながらも亜種はない

体長 世界のクワガタギネスでは50mm
外国産クワガタ・ガブトムシ飼育大図 ♂29.9-50.0mm ♀23.0-24.6mm

特徴 パスチュールと同じ頭盾が発達した天狗が特徴
もし産地を云わずに♀だけ見せられたらなんの♀が戸惑うことあり
スマトラなどでは1000m以上の山地にいるため日本の夏はきつい 
飼育の入門種と世界のクワガタ・カブトムシ飼育図鑑にあるが夏の温度を調整できる飼育環境でないなら結局死ぬ…
アゴに指を挟ませたことがあるが 鈴木知之氏がKUWATAに書いておられれたとおり頭盾を押し付けてくる なにか意味があるのだろう
 飼育の観察をもっとよく行えばヒントが見えてくるのかもしれない

ルニフェルホソアカクワガタ飼育記

ルニフェルホソアカクワガタの
生体を探す  標本を探す







デジカメは楽でいいよね でもマクロ撮影の距離が問題