エラフスホソアカクワガタ画像館

エラフスホソアカクワガタ オス エラフスホソアカクワガタ メス エラフスホソアカクワガタ オス
エラフスホソアカクワガタ オス エラフスホソアカクワガタ メス エラフスホソアカクワガタ オス
エラフスホソアカクワガタ オス エラフスホソアカクワガタ オス エラフスホソアカクワガタ オス
91mm デンポ山産
撮影協力 山崎オオクワさん
93mm デンポ山産
撮影協力 山崎オオクワさん
撮影協力 山崎オオクワさん 撮影協力 山崎オオクワさん 100mm デンポ山産
撮影協力 山崎オオクワさん
92mm デンポ山産
撮影協力 山崎オオクワさん
91mm デンポ山産
撮影協力 山崎オオクワさん
102mm デンポ山産
撮影協力 山崎オオクワさん
102mm デンポ山産
撮影協力 山崎オオクワさん
102mm デンポ山産
撮影協力 山崎オオクワさん
95mm デンポ山産
撮影協力 山崎オオクワさん
75mm デンポ山産
撮影協力 山崎オオクワさん
75mm デンポ山産
撮影協力 山崎オオクワさん
75mm デンポ山産
撮影協力 山崎オオクワさん
92mm デンポ山産
撮影協力 山崎オオクワさん
デンポ山産
撮影協力 山崎オオクワさん
104mm デンポ山産
撮影協力 山崎オオクワさん
Cyclommathus elaphus
エラフスホソアカクワガタ
生息地 インドネシア スマトラ島

体長 外国産クワガタ・ガブトムシ飼育大図鑑では♂27.5mm-109.0mm ♀25.9-35.5mmとある
世界のクワガタG(ギネス) が出た当時ではギネスは101.8mmだが更新されているようだ
現在はそれ101.8mm以上もある「生体」も入荷する 日本の生き虫ブームで採集量が桁違いに増えたためにギネスも更新されたようだ
(ちなみに100mmを超える個体は現地の人から相当ふっかけられるらしい)

特徴 「エラフス-elaphus-」とは鹿の意味 多分 大アゴが鹿の角のようなので名づけられたのだろう
 ちなみによく似た「エレファス」というと「-elephas-」という象という意味になるので注意(ゾウカブトの学名がそのまんま Megasoma elephas

スマトラの特産種でホソアカクワガタ属(Cyclommatus)最大の種
熱帯雨林のクワガタムシの紙面に出てきたのとどうように北に稀とある  標高1300mm以上に生息 4-6月に出現するそうだ
現在 生体ではデンポ山が入荷するが 以前にはパダン産が入荷したことがある

スマトラ島内で北にssp trunctus  西にssp kirchneri が亜種として記載されているが
西の ssp kirchneriキルヒナーはタラン山産にのみ産する小型の亜種とKUWATAのキクロマトス探訪にあったが
北の ssp trunctus はどこが特徴なのかよくわからん そもそも記載産地はどこなんだろう・・ 詳しく専門誌で説明してくれないだろうか?

タラン産のカズヒサツヤクワガタが入荷するのに同所に生息するキルヒナーが入荷しないのは数がすくないからだろうか?
100mmを超える個体も入荷があるが正直100mmを超えるとデカイとは思うがかっこいいとは思えなかった(アゴが直線的になる)
一番大きさとアゴのバランスがいいのは90mm台前半ではないだろうか?
なおかつ色彩変異も楽しめる種で ブルー個体も見たことがるが標本で12万ほどしていた・・

オオアゴ形状とメス形態画像は 飼育考察を参照

エラフスホソアカクワガタ飼育記
エラフスホソアカクワガタの
生体を探す  標本を探す