パラワンインペリアリスツヤクワガタ画像館

インペリアリスツヤクワガタ オス インペリアリスツヤクワガタ オス インペリアリスツヤクワガタ オス
インペリアリスツヤクワガタ メス インペリアリスツヤクワガタ オス インペリアリスツヤクワガタ メス
Odontolabis imperialis komorii
パワランインペリアリスツヤクワガタ あるいは コモリインペリアリスツヤクワガタ
コウテイツヤクワガタともいう

生息地 フィリピンのパワラン島
ほかにssp imperialis がボルネオ島に生息している

体長 本亜種のみでの大きさが載っている本をもってないが 記載文が掲載された書籍をみれば分かるとは思うが・・
外国産クワガタ・ガブトムシ飼育大図鑑に種として体長が載っており
♂38.1-72.3mm ♀:36.5-40.1mmとある
なお同書には723.mmというのはパワラン産の個体だそうだ

特徴 以前はボルネオ島の珍品であったが現在はパワラン島ものがそこそこ安価?で入荷する
なお調べてみるとパラワン島 南部のMt.Trus Marias を基準産地とするものはssp komorii として2003に記載されている
私は記載文を読んだことがないのと どの様な違いがあるかが記された参考文献がないので違いがわからん・・
私が入手したのはパワラン島のMt.Trus Marias産なのでそのままssp komorii ということになる
ツヤクワガタの名に恥じない光沢の抜群のプロポーションを持つ ツヤクワガタの中でもっとも好きなフォルム
ただ他の巨大種に比べて大きさは今ひとつ・・ インターメディア並みに大きくなるならもっと人気がでるかも・・
通常は60mm半ばで精一杯の大きさだがパワラン産はボルネオ産よりも大きくなる?
採集量が多いからそのぶん最大個体も大きいのかも?

インペリアリスツヤクワガタ飼育記

インペリアリスツヤクワガタの
生体を探す    標本を探す