タランドスオオツヤクワガタ画像館

タランドスオオツヤクワガタ オス タランドスオオツヤクワガタ オス タランドスオオツヤクワガタ オス
タランドスオオツヤクワガタ メス タランドスオオツヤクワガタ オス タランドスオオツヤクワガタ メス
タランドスオオツヤクワガタ オス タランドスオオツヤクワガタ メス タランドスオオツヤクワガタ オス
Mesotopus tarandus
タランドスオオツヤクワガタ

生息地 分布はアフリカ中央部
アフリカ大陸 西端のギニアからコンゴ民主共和国 (旧ザイール)を越えてビクトリア湖などの地溝帯のあたりまで生息 ただしレギウス型が現れるのはカメルーンの当たりまでらしい

体長 BE KUWA 14によると♂45.5-91.5mm ♀:39.0-56.0mm

特徴 90mmを越える個体もあり、その体高、体幅ともあいまってかなりの存在感をもつアフリカの雄 全身のエナメル様外骨格、頭部と前胸をすり合わせて威嚇音を出したりとかなりアジアのクワガタとは違う
コンゴ・ザイールにタランドス 更に西のカメルーンにかけてレギウス
このレギウスと呼ばれる個体はタランドスに比べて大型個体のあごが細く、湾曲が弱い
BE KUWA No14では このレギウスはタランドスのひとつの型と説明されている
ただ同書には「アゴが強く曲がるタイプのものは 特徴が安定している場合は別の個体群を形成している場合もある」ということ「アフリカ中部のラベルの標本にもレギウス型がみられることもありはっきりしない」とある
これからの研究待ちだろう

タランドスオオツヤクワガタ飼育記

タランドスを探す







タランドス産卵用にカワラ材 タランドス幼虫飼育にカワラ菌床