ジャワパリーオオクワガタ画像館
ジャワリトセマオオクワガタ

ジャワパリーオオクワガタ オス ジャワパリーオオクワガタ オス ジャワパリーオオクワガタ オス
60up 撮影協力 山崎オオクワさん 67mm撮影協力 山崎オオクワさん 67mm撮影協力 山崎オオクワさん
ジャワパリーオオクワガタ メス ジャワパリーオオクワガタ メス ジャワパリーオオクワガタ メス
撮影協力 山崎オオクワさん 撮影協力 山崎オオクワさん 撮影協力 山崎オオクワさん
40mm 撮影協力 山崎オオクワさん 撮影協力 山崎オオクワさん 67mm 撮影協力 山崎オオクワさん
上の画像を拡大して前胸縁を拡大したが
多分、東部のssp ritsemae だと思われる
Dorcus ritsemae
ジャワパリーオオクワガタ

生息地 スマトラ産パリーと並んでよく見る(よく入荷する)亜種
ただジャワ島には東にssp ritsemae、西に ssp kazuhisai と2亜種が存在しているので
入荷産地を確かめないと どちらの亜種かわからない・・

体長 BE KUWA NO20によると亜種で分けずにDorcus ritsemae としての体長 ♂:28.2-79.0mm ♀:29.3-41.5mmとある

特徴 ふ〜〜む・・・どこに違いが? 手持ちの参考文献では違いはわからん 
手持ちのBE KUWA NO12のオオクワ特集号にはホープ、グランディスの図示はあってもリツセマの亜種図示はなかった

のちにBE-KUWA(No.16)世界のオオクワガタ大特集では標本写真が図示されている
Mt Halimun (ハリムン山)はssp kazuhisai
Mt.Argopuro(アルゴプーロ山)はssp ritsemaeと図示されている

本ページに示した画像は単に「ジャワ島産」としか書かれていない入荷産地だったため どちらの亜種か不明
記載分を入手しないと両亜種の違いがわからないがBE-KUWA No.16に紹介されてる標本をみると
明らかに内歯の形と前胸縁の形が違うように見えるが 記載文での違いを確認しないと分からん・・

ちなみにジャワ島は東と西でダイオウヒラタに形状の違いがあったり
アスタコイデスノコギリについても西部にのみアスタコイデスがいて
東部に代置種のラテリヌスノコギリがいたりと興味深い

和名ではパリーオオクワガタとよく呼ばれているのは長らく-Dorcus parryi-の学名が使われていたため、
パリーオオクワガタとして呼称されていた
1998に -Dorcus parryi-が2次ホモニム(異物同名)となって使用できなくなることから
シノニムの中でいちばん古い-Dorcus ritsemae-が有効となり以後 リツセマあるいはリトセマオオクワガタと呼ばれる

大アゴ形態

ジャワパリーオオクワガタ オス ジャワパリーオオクワガタ オス ジャワパリーオオクワガタ オス
40mm 撮影協力 山崎オオクワさん 60up 撮影協力 山崎オオクワさん 67mm 撮影協力 山崎オオクワさん
パリーオオクワガタを探す