フルストルファーノコギリクワガタ飼育記

飼育前 2002時点での情報

名称 学名Prosopocoilus fruhstorferi neervoorti プロソポコイルス フルストルフェリィ、フルストルファーノコギリクワガタ、フルストルファーと云われる

生態 大きさ 結構華奢でアゴの変異はそれほど大きくはない 産地で前羽の変異があり、近年入荷している基亜種のロンボック島産のほかに 私が購入して飼育しているフローレス島産のssp.neervoorti(ネルボルティー)、スンバ島のsumbaensis(スンバエンシス)、がある 70ミリ程度にはなるが大型というよりも中型の種類

特記事項 前羽が特徴的だがくすんだ茶色って感じであまり綺麗ではない

入荷状況 ワイルド、累代ものともに出回り始めたが人気は今ひとつか・・派手な種類ではないから?
やたら高かったり、こんなもんだろう?って価格であったり昨年から入り始めたところなので安定してないようだ

飼育本から
webから
現在不明だが累代品もいることから不可能ではないだろう



成虫飼育編

2002.3.24 山崎オオクワにツヤクワの入荷を目当てに行ったところ、大量のスマトラ便が到着しており、この種がいた
以前から入荷は知っていたが・・  実のところそれほど欲しい種ではなかったが大歯形がいたのでつい買ってしまった

産地はロンボックかと思っていたらフローレンス島産だった  
ショップの方に聞いたがフローレス産はギラファノコギリにしても他の産地よりも高いそうである その理由についてははっきりしない・・
個体が少ないのかそれとも採り子の問題か・・

とりあえず その日は他の用が多く そのままにしておく

そして2日後の2002/3/26にセットする
セットは小ケースを使用・・
ちょっと小さいか・・マットの深さも薄め・・
未発酵マットと樹皮のみです
これも擬死行動が多い 腹赤いねぇ・・
この後に霧吹き攻撃で復活・・
こいつもタナトーシス!!
この♀はとにかくしつこい!!きり吹きかけても
30分タナトってました・・



産卵セット

ケース


マット

ほか


そして 温室中部 22度〜くらいの場所に置いた ただ温風ヒーターの風が当たるのであまりよくないが・・・

セットして2日後 02.03.28に蒸れてないか 確認・・・蒸れてるなぁ・・でも・・
もうゼリーがないや・・ 大食漢? 蒸れてます・・でも産んでます
朝は卵見えたのに奥に引っ込んでる・・
食われた?
ケース下にも産んでます 
経った三日で3個 ビブラギアトスかよ おまえ・・
セットして5日後の02.3.31 卵が見えていたのに見えなくなっていることからケースが狭すぎて♀が踏み潰しているのか?
と思い確認することにする・・
まずは見えているケース底を見てみよう・・
←ケース底の卵はちゃんとある
まぁ問題なかろう・・・

問題はケース側面の卵・・→
なんか萎んでるなぁ・・・♀に踏まれたか・・

しかし・・その原因は・・
死亡原因報告書のケースで
説明している通り・・
8卵のウチ 2卵はやられた・・
まぁ それでも 5日で8卵 6卵の残っただけでもいいか・・
もっと産むだろうが・・

ノコギリ系はマット産みと材産みに極端に分かれるのかな〜〜
この後も再セット後にまた壁面に卵を産んで孵化を繰り返していた
しかし取り出すのを面倒くさがってほっておいた場合に見えていた幼虫がいなくなってしまっている事から小容器で飼育する場合は
飢えさせると子食いの可能性がある(手ひどく飢えさせており、♀は餓死だったようだ)

♀がマット内で粉々に分解した亡骸を晒して5/15死亡確認
その際に幼虫3頭を得たが・・最低5頭は見えていたはずなのに・・

後は♂のみを大カップにて飼育していた 相変わらず衝撃でちょこまかと走り回る 結構スペクタビリスノコギリクワガタとよく似た行動をとっている
スペクタビリスのように触覚を細かく震わせることはしないが・・

やもめになって7/10に死亡した この原因もおそらく餓死である・・ こんなのばっかりだ・・もっと飼育種を絞りこんでまじめに飼う必要がある
不真面目飼育で画像すらまともに残っていない
幼虫が採れたことで累大個体を撮影すればいいと簡単に構えていたのだが・・・・

卵・幼虫飼育編

得られた卵は微粒子マットなどをカップに詰めて1カップ4個つつ位いれて管理していた

4つともうまく孵化していたのは少なく大概 4個のうち3頭が孵化している事が多かった

これら1齢がカップ表面に見えたら120mlカップに分けて飼育を始めた マットは添加剤発酵マットである
大体 こんな大きさになったら分けて飼育←・・

そして5月を過ぎて、
7月に入って30度を超える真夏日が
でてきた頃・・
カップ蓋で黒く溶けている個体を発見
当初は高温によるマットの再発酵?かと思っていたが・・
 2.3日後に他の個体を確認してみたところほとんどが溶けていた・・

その場所の気温を温度計で確認すると30度を超えていた

どうやら本種は暑さに弱い種のようである この種が高山に生息しているかどうかは知らないが・・

結構出回ってランクが落ちた感があったが・・
高温に弱いなら私は手を出すべきではなかったかもしれない・・

← ほ〜〜ら・・拒食して透明になってる・・ やばいな・・

2002.07.30をもって全ての幼虫が溶けてしまい本種の幼虫を終える・・・


ネールボートフルストルファーノコギリクワガタ飼育結果