ミリーンラテラリスノコギリクワガタ飼育記

飼育前時点2003での情報

名称 学名 Prosopocoilus lateralis myleenae プロソポコイルス ラテラリス ミリーナエ、ミリーンラテラリスホソアカクワガタ

生態 大きさ 大きさなどは不明 私の持つ資料ではラテラリスノコギリクワガタとその亜種はロルキーンくらいしか知らなかったが 本亜種とフランシスが亜種に追加されている 分布はフィリピンのカタンドアネス島
ワンポイントさんでヨツバラテラリスとして売られていたとおり アゴの先辺りの内歯が四つに分かれる形態となるようだ

特記事項 カタンドアネス島のものがssp myleenae となっているがこれからの研究でフィリピン ルソン島のプレゼンタッションのものもこれに含まれるかもしれない まだこの地域のものは普通のssp lateralisなのかまったく新しい亜種になるのかは不明
ラテラリスはアゴの形が他の島のものと違い、ヨツバ上になるとの情報があり、飼育で大歯形を出すと60mmに届くのでは?と書かれてい

入荷状況 当初はまず見かけない産地だったが カタンドアネス島の虫の入荷やフィリピンの虫に力を入れるショップ出てきたことから徐々に見かけるようになった

飼育本から
webから
本亜種についてはなし だたラテラリスノコギリそのものについては文献はないものの飼育は容易いとの意見をよくきく 



最初に本亜種を入手したときはまだミリーンという亜種名を知らない状態だった
フィリピン ルソン島ビコール地方のプレゼンタッション産のやたら大きな短歯形のラテラリスを飼育するようになってから カタンドアネス島のものが
このプレゼンタッション産のものと同じヨツバの形態をとると知り、興味がでて買うことにした

プレゼンタッション産のものを最初に飼育したがBE KUWA 8号のノコギリクワガタ特集を見てもルソン島のラテラリスノコギリクワガタはssp ?
なっているのでこの飼育記には含めてません


2003/5/4にワンポイントさんに入荷していたカタンドアネス島のペアを購入



ミリーンラテラリスノコギリクワガタ産卵セット

思いっきりピンボケ・・でもこれしかない

ケース


マット

ほか





ミリーンラテラリスノコギリクワガタ飼育結果