モセルオウゴンオニクワガタ飼育記

飼育前  2001時点での情報

名称 学名 Allotopus moellenkampi moseri アロトプス モーレンカンピ モセリ、マレーオウゴンオニともモセリオウゴンオニあるいはモセル、モゼルとも云われる 

生態 大きさ マレー半島のキャメロンハイランドが生息地 他の地域にもいるかもしれないが入荷しているのはキャメロンハイランド産ばかりだ またモセリから新たにssp babai(ミャンマーオウゴン)が亜種分化された モーレンカンプの4種の中でもっとも大きくなり80ミリを越える個体もいるようだがめったに採れないらしい 生態については不明だが夜の灯火採集で得られるとの事
ローゼンベルグ(以降ローゼンと表記)が内側に弓なりに湾曲する大あごに対してまっすぐ伸びるアゴをしている
♀はローゼンの♀に比べて押しなべて小さい
6ヶ月〜1年ほど生きるという物と4〜6ヶ月生きると書いてあるものがあるが大概よく生きて半年ではないだろうか?

特記事項 言うまでもなく名前のとおりの美しいオウゴン それもローゼンが鈍いオウゴンであるのに対してモセリを含むモーレンカンプ種は澄んだ感じのオウゴンで綺麗だ  飼育などに関してはローゼンに準ずると記載されていることが多い

入荷状況 ローゼンが年中コンスタントに入荷しているのに比べて入荷数が少なく高価 それでも大きさによっては\10000以下で入手できることもある

飼育本から
webから
ローゼン準ずるとあるが本によってはローゼンよりも難度が高いとされているものもある
Web上などでの成功例・菌糸瓶の実績に上がってるもはモセリであり ローゼン比べて組しやい種であるようにも思える
予断であるが同じキャメロンハイランドのRhaetulus didieri ディディエールシカクワガタ が宅地開発によって取れなくなってきており値段が高いと言う話を聞いたのでいずれモセリも採れなくなってくるかも知れない



採卵飼育編

KUWAGATA STARS TOKYOさんに入荷しいたので購入  ♂62のペア ワイルドである
2001/3/1に届いてローゼンの産卵セットをそのまま組む



モセルオウゴンオニクワガタ産卵セット

ケース プラスチックケース大

霊芝材を加水して二本入れた

マット 今回は余ったタダップマット

ほか


2日後の2001/3/3に材への穿孔を確認し見守ることにする
しかしローゼンに比べて異常に餌の喰いが悪く、ゼリーがまったく減らずに乾燥してしまうことが度々会った
2001/4/24 一ヶ月半が過ぎ、材を確認する 二本のうち材に穿孔していたのは一本のみだった
ローゼンと同様選定バサミで切り崩していくと・・
生まれたての1齢確認!
他に卵なども幾つか確認したがなぜが腐ってる卵が多かった 水分が多かったのか?
結局この日 1齢1頭 卵8個確認 だが孵化の見込みありそうなのは4卵のみである

その後材を一本追加し再び二本で飼育続ける

夜になるとよく♂が♀を襲っている 交尾欲は旺盛である


2001/6/2 二回目の材確認をする
まだ♀は材にいるようだ
引きずり出して再び材を割っていく・・
1つの材から幼虫10頭 萎んだだ卵2
なぜか割れた卵2
(おそらく埋め戻しのときに割られたのでは
ないだろうか)
2001/6/16に残りの材を暴いてみた
この材からは2齢が13頭 掘り出し時につぶしてしまった卵1 萎んだ卵5を確認   1つの材に19卵も産んでいた
取り合えず採卵はこんなもんかと 材を追加せずに他のクワガタにかまけていた所為で以降の採卵は出来ず
飼育温度34℃と言う高温の中♀は先日力尽きた
以降埋め込み用のマットは異なるがこのセットは産卵セットとして踏襲することとなる

幼虫飼育編

飼育によって得られた卵は例によって スカラベさんから購入した120mlカップにダタップマット
若しくは割り出し時に出た霊芝材の粉末を入れて管理すると無事に孵化した
以降
ローゼンの飼育と同じくダタップマットを
使用して飼育に入る
室温で管理しているが その所為なのかので何頭か犠牲者を出しているが何とか続いている
モセルは結構多く採卵できたのでガラス瓶がたりなくなってしまい
瓶に入らなかったものはプリンカップで飼育した しかし置く場所がなかったので
室内にダンボールに詰めて置いたのだが夏の盛りに耐え切れず
ダンボールに入れていたものは「全て」死亡・・・(TT)
そして残りの瓶に入れてものだが・・・ ローゼンよりは死なずにいたが
やはり3齢に加齢する個体が少なく いずれ死んでしまうものばかりだった
ダタップマットでも3齢に加齢したものは1頭のみ・・
ローゼンの結果とも合わせ ダタップマットはアロトプスに向かないと判断
ほとんどの個体を失ってから撤退することにする
しかし替えの方法が見つかったわけでもないので ダメ元で市販の菌糸瓶
(ホームセンターに売ってるやつ)と添加剤発酵マットに入れてみる
いずれも11/27現在 生存しており 添加剤発酵マットに入れたものは3齢に加齢し始めた
どうなるだろうか?
そのまま2002がやってきた  昨年よりも飼育個体数が増えたせいで温室下部も暖気が回らず
20度以下・・
菌床に入れた物は菌糸の劣化が気になり1月末に確認・・ 
まったく動かないので死んだと思っていたが・  2頭の内1頭は生きていた

もう死にまくってるので いまさらモセルやローゼンが
何頭死のうが感慨が沸かなくなってしまった・・・

ところでこの時に添加剤発酵マットで800MLマヨ瓶に入れていた個体が瓶底で黒ずんでいる・・
これもダメかと思ったが割り出すのも面倒なので放置する

そして2002.3.7 モセリの3齢の画像を取り忘れていたので瓶を開けてみる・・
まぁこんなところか・・やせているが・・
 とにかく・・・・・えさ替えしさなすぎ!!
通常3ヶ月に一回は餌替えしなければならないのだが・・・
こんなことやってるから次々死ぬのかもしれない・・
反省しつつ 粉のようになったマットを交換して
水分を加える・・

そのまま20度以下の環境で飼っていたが・・・ 餌替えショックか?蛹室を作り始めた 
ただ前回のマットを替えるときに食い尽くされて「サラサラ」になっており
蛹室を作るのに適した環境ではなかったように思える
マットを新たにして硬くつめたことで蛹化の準備に入ったのかも・・
そして02.322・・・午前1時の深夜・・・ 何気にクワの餌替えをしていると???
あら?死んでもおかしくない あいつが・・・・

蛹化しとるやんけ!!
おまえ生きとったんかい?  二ヶ月もたってから蛹化? あれで前蛹だったのか・・・
温度が低いために
蛹化してなかったのである・・

極小の♂個体であるが・・とりあえず ローゼンで死にまくって蛹が見れなかったので
初めてのアロトプスの蛹である
←ちなみに現在前蛹の幼虫はこんな感じである
→ 蛹化したが・・
さすがにこの大きさでは原歯形だったか・・
最初に蛹化した♂が羽化した
02.3.22に蛹化してから羽化したのは
02.05.01だった・・
なんか・・・前蛹期間も異常に長かったが
蛹期間も一ヶ月を超えている・・
なんでこの個体だけが・・
さらに02.05 後から蛹化した個体も羽化した・・
でも また原歯形・・・まだまだオウゴンに至るには時間がかかりそうだ

またせめて中歯形を・・っと期待していた個体も原歯形で蛹化している
♂ばっかりでどうしようもないね・・.

では♀は?
←02.06.06
♀ カビて死亡

02.06.30→
羽化したが左前翅シワシワ・・

♂3頭羽化したが♀F1はこの時点で0!!

こういったことに落胆しつつ・・同年2002/05/18に
ちょっと考えされられる出来事が・・
↓.
↑このセット割り出し
ありがちな♀の材内死亡に いつもの卵・・ 問題は・・3齢? 卵がある以外やたら食痕があるので追いかけたらいた
ただ食痕が多い割に1頭・・それもカサブタあり・・これが幼虫同士の争いか 産卵で潜っている♀にかまれたものかは不明
だが大きくはないが確かに3齢である
ここで問題となるのは・・・セットして3ヶ月弱なんである これまでも4ヶ月で羽化した例も聞き及んでいたが・・ありえそうだ
ダタップマットのみの管理では半年間も2齢でいた つまり成長できない 成長出来るほど栄養が吸収できなかったわけだ
(ダタップそのものはダイオウヒラタの発生木と聞くので栄養はあるのだろう ローゼンは吸汁はするが発生はしないと聞いた
真実は知らない・・実際に見に行った人が一番正しい・・ 私はあくまで聞いただけの無責任な意見なので鵜呑みにしないように・・
別にこれに限らず 日常生活すべてにいえる事だよ 情報化社会だからこそ個人が情報の吟味しないとね)
で・・・「4ヶ月3齢」は1ヵ月後に蛹化体制に入ったわけだが・・
カサブタが原因か・・
皮が脱げ切れずに死亡 さして珍しくも無いので感慨もわかないが・・

ちなみに羽化させた個体と同じ添加剤発酵マットにいれて管理していた

2002.07だったので単に温度のせいとも思われる

とりあえずこの時点で幼虫飼育には某ショップの添加剤発酵マッのみであるが・・
これから問題解決に向かう事となる

累代飼育期待編


これまでの結果・・採卵は問題ない だが2齢からの成長が問題だ・・
以前から某ショップの菌糸瓶が好結果とも聞いていたが・・ 噂では結構高価らしい 1ペアのみを育てるならいいだろうが・・

ここでカワラ菌糸の菌糸瓶を探す オウゴン以外にタランドスにも有効との意見を聞いたので・
前述の某菌糸瓶もカワラ菌糸らしい(ただカワラ菌糸もいくつかの種類があるようだが・・)

とりあえずネット検索で引っかかったある九州のショップにて2袋注文した
(店名出していいか尋ねたが返答なし・・)
600ml広口瓶と1000mlのハチミツ瓶に詰める  これは一般の菌糸瓶の詰めるのと同じ 十分菌糸が回って白くなった時点で投入する
2002.12.01 いよいよ菌糸が回った
←添加剤発酵マットに入れていた個体を
取り出して投入

→2002.12.18に確認したが
問題なく食べている
ちなみに600ml瓶に投入した
←2003.02.26
何時のまにか 菌糸を食い尽し
マットが白から褐色になり、
蛹化していた・・
投入前の幼虫から考えると
結構大きい 3齢後期から
投入してこの大きさなら満足

2003.03.20 無事に羽化
取り出して計ったが39mmとなかなかだ
→そして1000mlに入れた1齢 個体群が
4ヶ月で3齢に1000mlのハチミツマヨ瓶に
入っている状態での3齢である
大きさ分かるかな?

問題は・・

「ピンクダニ」に集りまくられている個体
これだけは全く大きさが変わらない・・
歯ブラシで取るわけにもいかず・・
どうするか? 見殺し?  
無事な個体は 2003.03.21に新しい菌糸瓶に入れ替えた
現在の所では 1齢あるいは孵化直後に600ml 広口に投入
以後3〜4ヶ月で3齢に加齢、1000mlに入れ替えという飼育過程になる
菌糸瓶600ml、1000mlの2本で一体何mmの個体が羽化できるか?
2003.04.26
後食を始めた♀ 新成虫は全く傷もない
ド完品! 綺麗だ・・

で同じ時期の幼虫だが・・
上のピンクダニに付かれた幼虫・・
アップでピンぼけだが
解るかな?ダニだらけ・・・
成長がかなり遅い
2003.07に入って♀軍団が羽化
♂は長歯〜中歯程度が
蛹化してるように見えるが?・・
← 解りにくいが・・
とりあえずは中歯に見える

2003/6/05に最初に羽化した個体を暴いたが
瓶からは♀と思ったら♂だった 56mm
ナンバーD6

蛹室の中は湿気が多いのか黒っぽい
で他の瓶を暴く
←イイカンジ 44mm♀

この日に暴いた♀3個体→
第一陣の♀は全て44mmだった

のちに羽化が続くが
遅れている個体 2♂蛹を残すが
羽化してくる個体と見ると
蛹で見るよりも体長は伸びでこないなあ

♂の大きさはともかく 44mm程度の♀はワイルドの入荷個体から見ても遜色ないだろう 後食まで2ヶ月かからないくらい?でも飼育下だしな〜〜
2003/7/31
羽化中のナンバーD4


前回の確認で羽化していたD6→

体もすっかり固まり
瓶の湿気で少し色が黒っぽい

渋い色してるなあ
2003/8/9
羽化した個体を確認
←D4
D7→
う〜〜ん瓶から見た個体はそこそこ
大きそうだったのに出してみるとこんなもの
それでもまともに羽化することすら
難しかったことを考えれば
こんなにポンポン羽化してくるとは・・
カワラ菌床万歳!

でも当時はそれほど売っているところが多くはなくて入手は決まったところからだけだったが
これを書いている2006現在は タランドス人気もあって結構メジャーになり入手に手間取ることもなくなった

羽化個体が揃った2003/9/19に記念撮影
大歯形はでないものの カワラ菌床が有効であることがわかれば羽化率も上がる
採卵についてはすでにやり方がわかっているので あとは夏場の菌糸の管理温度さえクリアできればもっと羽化個体は増えるだろう

羽化個体が増してくるとどうも飼育に対しての情熱が薄れてくる
ローゼンベルグやモーレンカンプオウゴンはまだまともに羽化させてないが 同様にカワラ菌床が有効であろうと予想がつくので
おそらくはオウゴンオニクワガタの飼育はこれでしばしお別れとなるだろう

以後これらの羽化個体は 新鮮なうちに次々にビッダーズで出品していった
羽化した♂の最大は63mm
♀の最大は45mm

使用した瓶は600ml広口瓶と
1000mlハチミツ瓶

決して大きい個体ではないのだが
自身はこれで満足してしまった

この以後 キクロマトスと
ノコギリに傾倒していくこととなる



モセルオウゴンオニクワガタ飼育結果


光速アフィリエイトでガンガン稼ぐ!









アロマテラピーはいかが? オウゴンオニクワ飼育にカワラ菌床