ラフェルトノコギリクワガタ飼育記

飼育前時点2003での情報

名称 学名 Prosopocoilus lafertei  プロソポコイルス ラフェルテイ、ラフェルトノコギリクワガタ

生態 大きさ 75mmを超える巨大種、ノコギリクワガタだが以前に見た個体は体が厚くてノコギリとは連想できないクワガタだった
フタマタクワガタのように気が荒く、指でつつくと大アゴかざして追いまわしてくる
特に生態を記したt文献がなく、不明なことが多い
南回帰線の少し上、バヌアツのニューカレドニア島、その北のローヤルティ諸島、さらに北のニューへブリテス諸島に分布
ちなみにその東にあるのがフィジーのビチレブ島である

特記事項 アゴの変異が多く、体の大きさによってアゴの変異が決まるわけでもないそうだ

入荷状況 ワイルドは無い M氏が持ち込んできたものしか出回ってないなら現在の生体はニューへブリテス諸島のタンナ(タナ)島のはず 他に個人が採集して繁殖させているなら別だが・・
なおBE KUWA NO.1の対談中で「タンナ島」での採集について触れられているのだが 地図で見ると「タナ島」となってるのだが別に「タンナ島」ってのがあるのだろうか?

飼育本から
webから
不明・・だが既に入荷して年月が経過して累代個体が多い ビッターズなどではよく見かける
採集の話はBE KUWA1号対談中にあり


2003.09.07 ビッターズにやたら出品されていたセットを落札  5頭セットで¥8000程度 結構安くなったもんだ
届いた状態
だが・・デジカメ 愛機ファインPix40iが壊れた
なので急に調達したデジカメで撮影
ホワイトバランスの感じがつかめん・・
露出が・・・
1齢3頭 2齢が2頭
1齢状態で結構でかい
2齢初期がこれ・・
モイニエルやウォーレスによく似た大きさ
結構大きくなるか?
さて・・・まずは1000ml ハチミツ瓶を5個用意、
某ショップの添加剤発酵マットを2齢に ,あとはバクテミックスを使用する 
おそらくウォーレス、モイニエルと同様にいきなり添加剤発酵マットでもいいと思うが・・
マットが無いんだよね・・

2003/9/22の様子 →

意外に成長が遅いかな?
しばし温室棚にしまいこみ 10月からは加温しておく
瓶に入れてしまうとマットの劣化以外にはあまり観察することないし・・
2003/12月に入り 様子を伺う 添加剤発酵マットをケース買いしたので入れ替える意味もある
マットは少しガジガジ気味だが
無事に3齢に加齢
デカイけどこりゃメスか?
♀班あるよね
まだ加齢したての3齢
この時期マット替えるのはやばい?
マットを添加剤発酵マットに替えてガラス瓶 1000mlハチミツ瓶に入れる
またしばし放置・・だけどよくマットがガジガジになるのは水分不足? 

この後2004/2に外から見えなくなった個体を確認するのとマットをかき混ぜ、堅詰めにしなおし 足りないマットを補う
このときに1頭死亡しているのを確認 残り4頭・・

そして更に3ヶ月・・9月はじめからだと8ヶ月・こんなものかな? 2004/5に入り蛹化体制 確認
2004/5/9
何頭か蛹化に至るものもあり←
ただなんか蛹の色が黒いんですけど・・

で1ヶ月経っても羽化しないので
取り出すと・・
2004/6/19
この様である→
温度は室温だし問題ないとは思うんだけど・

ま、これが全部の個体じゃない・が・・
残り3頭・・
2004/6/29
5/9に確認時に蛹化体制だったほかの
個体は無事に羽化してすっかり
固まっている
本種は上翅が固まった状態でも
下翅が透けて見える

2004/7/9
更に羽化 特に問題なく羽化に至るが・・
全部♀・・
問題なく・・と書いたが5頭のうち
半数近い2頭死んでんだよね
別に本種だけでないが ウチで添加剤発酵マットで飼育するとマットが変質して幼虫が死ぬことが多いのだが
何が問題なんだろう・・夏場は温度であると思われるが 冬場に22-23℃にしかならない環境のなにがいけないのか・
羽化した個体は
40mm♀ 2頭
39mm♀ 1頭

♀ばかりであることは
蛹化時に判明したので
ビッダーズでオークションに参加したが
♀しか落札できず・・
届いた個体はすぐに売りに出した
(ちなみにリバーモンスターさんが
出品されていた)
羽化後に 活動を待ってから 即ブリ(即ブリードできる個体)の♂と交換掲示板に
カキコしようと思っていたが・・


なんと・・3頭とも!?

430ml?カップに入れて活動を待っていたが予想よりも早く活動を開始し、
食い破りを防ぐために足が蓋に届かない程度にしか土を入れてなかったのだが・・

♂が得られないままで飼育を終えるわけにはいけない・・
いずれまた・・

もっと気軽に飼うとしよう リベンジ編


昨年は上記の様で♀の画像しか 得られなかった
大歯形とはいわないが自分で♂の画像を撮りたい・・ またいつか・・と思っていたら 今夏にオークションで見かける・・
しかも10頭で¥1000! 1頭¥100である・・ それも複数で出品されているが入札がない・・
一時は高価だったが 累代で個体数が増えると本当に人気があるものしか 買い手が付かないのか?
あんまり「ラフェルトが好き!」っていう意見聞かないしな・
2005/07/03  届く
さて・・ まずは 弱齢なので小さめの容器でもいいが 3齢程度になるまでは
430mlカップでいいか・・

バクテミックスで飼育する


しばし(3齢になるまで)そのまま飼育する予定だったが
7月末にある菌糸瓶を購入したので試してみる
菌糸瓶に移すために カップから出してみるが この通り・・

菌糸瓶に移す6頭 はいずれもよく成長した2齢状態だった

取り出して
菌糸瓶に移し、蓋の下の2-3cmだけこれまで飼育していたバクテミックスを入れる

だがしかし・・・・
2005/9/4
菌糸瓶に移してから 1ヶ月 以上経つが・
まったく菌糸を食べない!!
全ての個体が!!
確かに新しいタイプの菌糸なのだが・・
単に2-3cmだけのバクテミックスを食べて
3齢に加齢している
このままでは成長もできず死ぬことに
なりそうなので 次の手を考えなければ・
で・・・ マットで飼育しようと思ったが 添加剤マットはまた劣化しそうだし
 涼しくなったことから新たな別の菌糸瓶に移す
今回はワンポイントの菌糸瓶で ニジイロなどの飼育にも結果が出ているEchoの
オオヒラタケ瓶をセレクト

合わなくて暴れる可能性もあるが まあだめならマットで・・
3齢に加齢したばっかりのような状態のものが多いので大いに心配・・
未だバクテミックスの販売は再開しない・・
2005/10/22
9月に菌糸瓶に移した個体以外に
3頭ほど600mlでEG万能マットを使用していた
個体を確認
マットが既に食い尽くされいたので
入れ替えることにる
その際に移した幼虫だが・・→
♂?♀?大きさから入って♀っぽいけど
♀斑がわからん
本種のメスはドでかくなる印象が昨年の
飼育であるのでメスかなあ・・

一応 ♂らしき個体と♀らしき個体を並べてみた
明らかに頭の幅が違うのであってると思うのだが・・

さて・・ 600mlの瓶の長径は70mm程度個体が羽化するくらいはあるのだが少し手狭・・

ワンポイントのECHOシリーズの オオヒラタケの菌糸ボトル850ccに入れる

これも長径はあまりないが大丈夫だろう ただ全てでなく 1頭はタッパーウェアに
1頭は600ml広口瓶に入れていた 
理由は菌株が合わなくて全滅を防ぐため

あとは蛹室を作るまでは放置でいいか?
今年は温室の中を覆っているので20℃くらいの恒温になってるので大丈夫かな?
あとは 幼虫もこの大きさなのでそれほど太ることないだろうから このまま羽化まで待つか・

一ヶ月半たって 2006/1/3 正月休みの最後の日に蛹室の中の虫の整理を・・
広口瓶の幼虫とタッパーウェアの幼虫の確認
広口瓶・タッパーウェアの
飼育分はEG万能マットを使用
←こいつは♀の見立てのまま
間違いなかろう
マットをほぐして入れ替えて再セット


タッパーウェア飼育分は♂の見立て・
タッパーの容積は問題ないが

タッパーの空気穴からのキノコバエの
進入が多い・ 
そのためこいつは菌糸瓶に切り替え
で・・ この幼虫を菌糸瓶に移したあとに
昨年10月に移した菌糸瓶を確認
2006/1/5
←・・こりゃ 食い尽くしてる 
問題はこの後すぐに蛹化してくれるかどうか・
全部確認したがまだ蛹化体制に入るものは
いないようだ
なので新たな菌糸瓶に移す

2006/1/9
ワンポイントさんに注文してすぐに届いたので
移し変え→
これだけ黄色いんだからさっさと蛹化してくれよ
細長い850PPボトルは重ねるには安定が悪いので 800mlの広口タイプのプラボトルのEcho菌糸瓶と使う
同じオオヒラタケの瓶を使いたかったが オオヒラタケで800mlの瓶はないので ヒタラケの菌糸瓶となる
菌種が異なるので大丈夫かな? とも思うが面倒なので頭数全部入れ替え・
2006/2/5
一頭だけ別容器の広口瓶で飼育していた
個体ナンバー11が蛹室を作り始める・

一方・・・2006/2/18

いくら♂っつても・・ 入れ替えて一ヶ月で
菌糸を食い尽くすのは勘弁してくれ・

でもこれって食ってるのか?暴れてるのか?
とりあえずまた菌糸瓶を入れ替える
頼んだのはEGの菌糸瓶
以後 ナンバー11は2006/2/16に蛹化し メスと判明、3週間後には無事に羽化した
一方 800mlポリ容器の菌糸瓶飼育の9頭は2/18に新たな菌糸瓶に入れ替えたが・・
一ヶ月もしないうちに再び食いつくす あるいは暴れる?結果となり 再び瓶の入れ替えとなる
その際に菌糸はある方から譲っていただいたトレハロース入りの菌糸ブロックを詰めて使用した

8本のうち3本を新たな菌糸に入れたわけだが 5本は菌糸を食い尽くしながらも
幼虫が見えてないことから蛹室を作っているかもしれないので放置していた

ところが4/25になって菌糸を食い尽くして? 瓶上部に空隙ができて幼虫が上をのたくっている・・

あらたに菌糸瓶かとも思ったが入れ替えてすぐに蛹化するかもしれないので勿体ないので
マットを硬く詰めることに・・ 買い置きEGドルクスマットをガチガチに詰めてみる
それにしても・・
10頭の飼育中で ♀が1頭羽化・・ そもそも♀は1頭だけなのか? 10頭いて・・・

そして2月-3月にかけての確認で蛹室らしきものを作っていた(よく見えないので確実ではない)
瓶を4/25に改めて確認 傾けると蛹らしきものが尻を振ってるようにみえる

2006/4/27に瓶を暴いてみることにした 上からでかいスプーンで慎重に削っていき、
蛹室の上部を崩すと蛹を確認  前回の飼育では♀の蛹しか撮影できてないので
♂の蛹の全体を撮りたかったが今のところ♀が羽化しているのに♂が1頭も居ないことから
羽化のずれは好ましくないのでこの♂を大事にすることにして このまま湿らせたティッシュを上に
置いて埋め戻す 2週間ほど待てば羽化してるかな?
しかし問題はこのあとで・・
すでに蛹が固まった状態で確認したのが4/27、
一ヶ月経った5/29になっても蛹が色付かない
同時期に同じように蛹化したファブリースノコギリクワガタが
羽化に至らないまま2ヶ月近くたって腐ってしまった・
原因は不明だが 4/27のあとゴールデンウィークから暖房用具を撤去して
普通の室温にしたので かえって温度が下がってしまった
どうもこれがいけないように思う
なので少し暖かいほかの場所に移動させてみたところ たった二日で上のような
蛹の状態からここまで色付いた

ふう・・ すでに♀は羽化して2ヶ月以上 もう♂が羽化しないとまずい・
こいつにはとにかく早く早く羽化してもらわないと困る
2006/6/3
羽化して後翅をたたんでいる♂

翌日に♀の状態を確認
3月に羽化したのにまだ後食はしていない?

前回夏にはもっと早く後食始めた気がするが

この日にゼリーを入れたら
1週間後の確認後時は完食していたので
実は既に活動していたのかも
しれない

とりあえずはペアはできた 残る8頭はどうなったのだろうか?ま〜〜たく蛹室を作る気配もなくて暴れまくっていたが・・
6/25にまとめて確認

   
 

う-ん・・ 10頭飼育のうち 羽化しているのは♂1♀1 この日の確認で♂1 ♂蛹5  残る2頭もおそらく前蛹のいる蛹室の大きさから見て♂・・

ということは10頭のうち 9♂で1♀?・・♀を殺さない原歯形がいると思ったら全部長歯形だし・
どうするか?

ラフェルトノコギリクワガタ飼育結果



クワガタ4000匹以上がお待ちしております!