ある方より本飼育記に挙げている個体は
ファベールではなく、カタンガノコギリかコンゴノコギリではないか?
と指摘を受けました
私には分からなかったので その方に同定をお願いしたところ
ファベールノコギリクワガタではなく、コンゴノコギリと判明しました

また後で変更します 




ファベールノコギリクワガタ飼育記

飼育前情報
名称・呼称 学名Prosopocoilus faber プロソポコイルス フェーバー  フェーバーあるいファベールノコギリクワガタとも云われる
生態・大きさ 40mmに届かない小型のノコギリクワガタ  ザイールなどに分布しているが飼育個体は南西カメルーン実際にはもう少し分布範囲が広いのかもしれない
特記事項
入荷状況 少ない・・ただやたら安く入ったり やたら高価だったり安定しない
KUWAGATA STARAS TOKYOのクワオさんに尋ねてみたことがあるが♀の同定など問題があるそうだ・・
オークションなどでも見かけない
飼育本から Webから 確か昆虫フィールドのバックナンバーで飼育記があったがその号は購入していなので詳細は不明 
しかし飼育自体は難しくはなさそうな印象がある


一昨年だったか?KUWAGATA STARAS TOKYOに入荷していたのは知っていた そのときに安かったので次回に入荷したら
購入しようと思っていたのだが・・しばし見かけない・・
そしてRAIN FOREST BEETLESに販売を見かけたのだが・・たっ高い・・ 手が届きません! で見逃し・・
そのうち♀ばかりが羽化してしまい困ったというメールを頂いたが・・・・しばし雌伏で購入時期を待つ
そして購入・・届いたのは’03.05.27 購入店はKUWAGATA STARAS TOKYOさん
届いたのはこんな感じ 
温度は問題ないくらいだがおとなしいナ・・
じゃ オラオラ 撮影じゃ〜〜と思ってたら これがまたちょこまか ちゃこまか・・
じっとしとらんかい 思った以上に赤いクワガタだな〜〜

ケース プラケース中 少しでも多く採りたい 材を多めに入れる関係で
小型種だがセレクトは中だろう
マット 昨年ロルキーンラテラリスで好感触だった バクテミックスを使用
マット産みを考えて硬めに詰める
ワンポイントさんの5cm程度の小径材を4列2段で詰めてみた
どうだろう・・・このアゴで♀殺しするのかな?
とりあえず同居でいいか・・


ま こんなとこ・・ 差しさわりのないマット、材産みを加味し、材産みの場合、全埋めと半埋めで結果が違う場合もあるので
2本はマットに半埋め状態に・こんなもんだろ?あとは幼虫が見えるまでほっとくが吉

たまに様子を見たが♂は転倒防止の樹皮裏に潜み、動かすと走り回る
♀は夜にゼリーに集っているのを見たが普段はマット内にもぐっているようだ

しかしマット壁面にすぐに卵が見えるだろうとタカをくくっていたのだが・・
これが結構キビシくて・・ 
一ヶ月っても卵が見れないのでちょっと焦る
そこで’03.06.26に半埋めの材をちょっと起こして覗くと?

→ 産卵痕らしき毛羽立ちが・・ もう一本も産卵痕らしきものがあったので
材産みに偏った種類かと思い もう一度埋め戻して
様子を見ることにする
酷暑・・ではなく 冷夏となった’03夏 冷夏といえど28℃の飼育環境 暑いととらえがちだが実は「蒸れ」さえ起こさなければ
決して「暑すぎる」わけでなく 問題ない  ’03.07.17 幼虫が見えないのに焦り暴いてみる
材は産卵痕? が一杯 これは予想通り・・・ ♂♀はまだ元気だ
乾燥がちょっと強い? マットを加水 材表面に霧吹きを多くして埋め戻す これら産卵痕の材から幼虫が這い出てくるであろうこと期待して・・
そして更に一ヵ月後の’03.08.06 マットの劣化により今一度確認することになる
材の中には卵の確認できたが・・ン〜〜色が変・・腐りかけ?
材の近くのマットには1齢もいた ♀はまだ元気だが・・セットからの時間を考えればもっと幼虫がみえてもいいはずなんだが・・
あまり成功とはいえないか?  この時点でも取り出さずにまた産卵セットに埋め戻した
卵も一緒に埋め戻したので孵化したであろう一ヶ月後 ’03.09.03に割り出す
画像は撮ってないので存在しないが 前回材から1齢が出た状態でいたので今回は 埋めつけられた卵がマットにでて
タコ取れ状態を希望していたのだが・・
マット内には全くいない 材には食痕はあるものの・・結果たったの2齢3 1齢3の5頭のみ
マットがイカンのか? 材を加水してマットを替える・・ 
微粒子すぎるのかな? 幼虫の食いカスのマットを使用してセットを組む
その直後・・・9/6♂がひっくりかえって死んでいる・・別に転倒して起き上がれなかったわけではなさそうだが・・寿命?
そのあと’03.10.11♀が死亡 材6本のうち産卵痕がある材を割り出して得られたのはたったの2頭・・・大失敗?
材は乾燥させていずれ他のセットに使おうと思って屋外に放置・・
ところが・・・・すっかり忘れた ’04.11.22 屋外放置の材の上面に細かい木屑が? ゴミムシダマシでも入っとたんかい?
捨てておくか・・・ アレ?この粉屑ゴミムシダマシでなくてクワの食痕? この材はなにに使ったっけ?
うっ やな予感・・ファベールに使った材・・・ひょっとして?
改めてみると・・・材が乾燥して表面のマットが取れている・・食痕が・・・ある・・・・
今は11月・・すでに遅いか?? 一応暴く
材をとりあえず割る・・
うわ・・卵の産みあとが一杯・・
屋外放置でカラカラに乾燥していたが・・
何とか生存個体を発見!2齢だ
だがほとんどは
材の乾燥のせいか・・孵化せずに
黒くしぼんでいる

結構産んでいたわけね・・
大失敗・・

結局2齢2頭
1齢6の計8頭 何とか生存した
だが・・12月間近の寒さか?材の乾燥か?
すべて気門の間が狭まって
縮こまっている
おそらく持たない・・
なので 死ぬだろうと思い 430mlカップに入れる
マットは奈良オオクワのスーパースペシャルマットを使用した
マットそのものも屋外に置いてこともあり なるべく温風が当たるところに置いていた
430mlカップ1つにつき2頭づつ入れて様子をみる 期待はしてないが・・ 
で・・・この頃放置していた9月 10月 割り出し分の幼虫群は外観から全く見えないので確認
←こんな感じだ・・3齢
だが・・マットかかな〜〜り乾燥してるぞオイ!
マットをほぐして霧吹きで加水

さて一ヶ月たった乾燥 瀕死の
個体分は?→

意外だが・・1頭以外すべて生存していた
この時点で蒸れないように
温風が当たらないところに
置きなおす
あけて新年’04 今年はゆっくりペースで飼育したいもんだ 正月休みの最後をクワに使う すると問題発覚!
マットを食って カップ内に空間が大きくできている
そのせいで乾燥が急激に進んでいる

この下に幼虫がいたが餌がないせいか3齢のくせに黄色く太るどころか
変に痩せている・・

大丈夫か? マットを完全に入れ替えて様子をみるが・・
総とっかえはやばい気がするなぁ・・・

とりあえずマットを取り替えて(奈良オオクワのスーパースペシャルマット)様子を見る
だが〜〜〜?
マットが黒褐色から黄土色に変色している・・
これまでにも経験したが・・こうなると
かなりの高確率で死ぬことが多いが・・

’04.01.31
焦ってカップを開けると?
羽化してる?
前回1/3には1頭も前蛹状態のものは
いなかった・・つまりマット替えてから
即 蛹化体制に入ったということか・・
取り出した♂は・・原歯形?
これでは本当にファベールか
わからんな・・

他の個体を確認・・


2頭怪しいのを確認したが
両方♀だった・・・
’04.02.18
カップに斜めに蛹室を作っている
個体を発見・・
こんな状態で蛹化も羽化もできるのか?
暴いてみると・・・

大歯形♂ ほっ・・ちゃんとファベールでしたっと

’04.03.14
無事に3/8に羽化して
1週間して無事に固まっている状態
’04.03.21 羽化個体を撮影
屋外にて撮影すると本種の赤さが際立つ
大歯形はこの時点で1個体のみ あとは短歯形♂3♀4であった この撮影直後1ペアはビッターズにて出品した
さてあとは これらのカップリングと遅れて屋外に放置してあった材から得られた幼虫群個体が本当に本種かどうかだが
ファベールノコギリクワガタ飼育結果





クワガタを探してみる
【昆虫類】のお買い物ならビッダーズ