タランドスホソアカクワガタ飼育記

飼育前 2003時点での情報

名称 学名Cyclommathus tarandus  キクロマトス タランドゥス、タランドスホソアカクワガタ、根元の内歯からクシバオオキバクワガタとも言われる

生態 大きさ ボルネオ島特産と思っていたがマレー半島に亜種がおりssp stenosomus となっている
68mm程度が最大のようだが今年’03に初入荷した個体オーバー個体がいた

特記事項 ともかく希少(だった) 産地が判明してないこともあるようだ 標本では数十年前や100年前の個体がネットに上がっている

入荷状況 ’03に初入荷 そこそこの数が入ったので累代が進んでアラガールのように国内繁殖個体を増やしたいところ

飼育本から
webから
当然 標本の入荷すらなかったため全くなし!!





ブリード飼育編

2003.03に各ネットショップ・掲示板に入荷情報が流れる
情報収集に当たっていると そもそもそのタランドスを日本に持ち込んで来られた方のHPを発見 Kumbang(クンバン)さんである価格を問い合わせたところちょうど日本に
帰ってこられた当日との事だった
アゴが中心に寄った本種は好みではなかったがなんせ希少な種 つい・・買ってしまった.
2003.03.25
そいつは春雷とともにやって来た  62mm♂ペア
Pontianak、Kalbar、Indonesiaの採集ラベルが付されていた
(後にいくつかのショップのカキコでどうやらシンカワン産らしいとのことなので産地は
西カリマンタン産としますシンカワンもポンティアナックも「西カリマンタン州」のため)
見た印象は・・アゴの大きさそのままに体をスリムにした感じ
(そりゃモンギロー二のような櫛歯が特徴的だが)


タランドスホソアカクワガタ産卵セット

ケース コンテナQ−BOX20か30でいこうと思っていたがそろそろ最高気温が20℃に近くなってきたので
蒸れが心配 なのでプラケースを使用


マット 添加剤発酵マットを堅く詰める もう少しマットの選定は必要か?

ほか 軟材を水分大目にしてセットしようと思ったがここはマット産みにかける
小ケースということもあり 分別飼育


ここで問題は温度だが・・購入時に聞いたところ標高300mくらいと聞いた
fakfakで採集されるイグジミウスと同じくらい? ということは20-23度程度か?
ん〜〜〜考えてみたらもっと標高があるガクリセン産メタリって25℃でよく産んでたよな・・

♂はミニケースにて管理

アゴが長くて不安定なのに擬死行動・・ 木に掴まってたら 蹴り飛ばすことでじゃんじゃん落ちてきそうな・・

で飼育セット組んで翌日のよる
セットの様子を見る ♀はケースそこに見える
この状態で死ぬことも多いのでちょっと焦る・・ でもどうしょうもないのでそのまま・・
で翌朝にもう一度確認・・
画像が暗く その上ブレているが・・真中あたりに空間が見えるだろうか? 奥に卵が・・・
オイオイ・昨日の夜に産んだって事? セットした翌日に産卵とは・・・
こりゃ期待大か?
そこで更に♀単品を追加注文 もちろんおなじKumbangさんである
今度も同じ小プラケースセットだがマットはこれに合わせて購入した発酵マット
(いつも使ってるアレ・・商品名出していいのかな?)
そして最初の♀と同じ場所に安置 最初の♀が産んでるんだから
同じ場所でいいだろうとの判断だった
そのまま'03.04.15まで同じ場所に置く その間たまに覗いたが♀は
餌を食べにあがってくるわけでもなく・・産んでるのかな?
♂はミニケースでも問題なく・・ メタリフェル見たいな感じで簡単そうなんだが・・
’03.04.15 ♂はともかく♀のセット3週間経つのに1齢が見えない・・
温室の場所も空いてきたので温室内に入れる

そして 23度程度にしていたのだが・・・
あまりに♀が見えない(2頭目の♀は1回確認した) なので’03.04.21暴いてみる だが・・・・・
マットが黄色くなってるぅ〜〜〜(TT)
なんで?再発酵するような温度じゃないぞ!

そして♀が出てこない嫌な予感的中・・

マット底でカビてる・・

卵は?・・・なし?
最初に確認できた卵もなくなってる・・
これじゃイカン! 2頭目確認
これは樹皮下に隠れていた・・

卵は?・・よしよし・・あった・・
だが・・1つ以外全部産みたての楕円形
これは?
そうか・・・・・
温室に入れてから産んだってことか
つまり・・設定温度が低かったんだな・

温室ケースに移して1週間で7つの卵・・
最初から温室に入れるんだった・・(TT)
活動が鈍かったのも温度が低いから?

ミスったぜ・・ 飼育記の最初に書いたがガクリセン産メタリフェルを参考に
25℃程度に設定すればよかった・・

1頭無駄にした・・ 実にもったいない・・

産卵に関しては25℃近くに挙げてマット産みをさせることで問題ないことを確認

次に別のセットを組んでみる
2003.06.07
♂♀は分けたままだが 採卵の温度が解ったので
追加で購入する 入荷から時間が経ており状態に不安が残るがセットを組む

今回はガクリセンメタリや偽インペラ(メタリね)のセットで得られている
材の埋め込みセットを組む

こんな感じで・・・ 季節柄蒸れが心配だったが この頃霧吹きをかなりサボっていたので
水分が飛ばないようQ-BOXを選択していた
マットは使いまわしの「カス」マット  材に産むだろうと思ってマットに出てきたら割り出せばいいと思っていた
2003.07.27になるとケース底面に2齢が見える あ〜〜もう面倒な・・・
材はどうかな? 材に穴が空いてるので材から出てきたのか材へ潜ったのか不明だが\\

2齢も多く材におり、更に3齢が材をがつがつ食ってるものもあった しかし 細い材を3本入れた材中よりも マットのほうがはるかに多い
材に産むよりもマット産みの方が楽か? だが幼虫の共食いなどの予防には材に産ませるほうがいいか
たくさん産ませてもね・・ 10頭採れれば十分かな?
(といいつつ まだ高額な状態で♀を数頭無駄にしてしまったが・・ 情けなし・・もっと普通に飼うべきだった)

幼虫飼育編


得られた卵はいつものカップ飼育

最近は1つの120カップに4個程度で管理するのが常だがこいつらは一応VIP扱い
いくら好みの形でないといっても高価だったのだからきちんと変態させたい

3週間経ってカップを見たが壁面などには幼虫が見えない・・・心配だ・・・・空けてみよう・・
2003/05/05 確認
おう 1齢・・・
だが・・・3週間でこの状態の1齢ね〜〜〜〜

ちょっと遅くないか?
卵の状態が長いのか?
やはり温度が低いのか?

とりあえず埋め戻して更に育てようね・・・ 

一ヵ月後の2003/6/9に同個体を確認
無事に2齢に加齢 →
特に高温になる時期でもないので 気をつける必要ないと思われる 採卵できたのもの「低温」ではなかったしね
ただこれからは蒸れる時期なので容器が小さいカップは余計に蒸れやすい マットに水分が多いのは少し避けたいところだ

なのでマットを総入れ替え バクテミックス入れ替える 
以降 ♀らしい個体はカップで、♂らしい数頭は600ml広口瓶で飼育した
特に大食漢の幼虫でもないので その入れ替え以降はまったく取り出すことはしなった そのため資料写真は残っていない・・・
バクテミックスは幼虫の糞の色も変わらないのでどうもマットの替え時がよくわからない・
2003/11/8
上記 1齢、2齢と同個体のA-1
蛹室を作り始めてはいるが
600mlの瓶の大きさから考えて小さい・・
♀?かな〜〜
2003/11/29
無事に蛹化したが やはり♂で合ってました
だがワイルドで60mm以上が
入荷する割りには・・
原歯形ではないが小さそう・・
メタリフェルなら600ml瓶でも
70mmオーバーは羽化できるんだが・・
別の飼育個体の瓶も確認してみるが・・
♂?・・・ 
普通は♀が先に羽化してくるものだが・・ 瓶とカップで置いている場所が違うので温度による
成長の違いが出ているのだろうか?
(後で大失敗と判明することになるが・・)
ちょっとこの瓶の蛹は周りの蛹室のところがどろどろになり始めており状態が良くない

放っておくと水分が多いところと蛹の接着面が段々腐ってくることがあるので取り出すのが
得策と思われる
時間が出来た明けた正月2004/1/3

♂の蛹化は11月に確認していたわけだが
♀を飼育しているカップは確認していない

カップ外側からうまく確認できなかったことも
あるのだが・・

カップ暴いて蛹室を確認←

ピンセットで少し穴を開けて羽化していることを
確認してからボコッと・
少し赤みが強い新成虫が現れた
う〜〜ん・・・
♀がまだ羽化していないと思っていたら・・

確認を怠ったために既に羽化したのに
取り出さなかったために蛹室を脱出したものの
瓶から出られないまま餓死してる・・
すっかり脂も浮いている→・・
だいぶ時間が経ってるのかな?

壁面に蛹室を作ってくれないと確認しないため
こんなことになる・
とはいえこまめに出すと前蛹状態に
なってるものもあるし・・難しい・
個体A-1 2003/11/8に蛹だったことを考える
まだこの状態←というのは遅い気もする
まだ少し後翅が薄いし アゴの色も薄い
活動開始まではしばしかかる・
そして♀と思ってカップに入れた幼虫は
とっくに小型の♂として羽化・活動開始していた
ようで・・・ 取り出さないまま
死んでバラバラ・・
以降の飼育でタランドスホソアカの
ハサミ君(原歯形)は狙わないと羽化しない
ようでこのときに原歯形の生体を撮影
出来なかったことは後に悔やむ・・
蛹室にいた♂を取り出してみる
まだ蛹室に留まっていること状態なので
うまく歩けない 色もまだ後翅が淡く
活動開始まではもう少しかかりそうだ
他の♂はまだ蛹だしな →

しかし入荷前はボルネオの最稀種だったけど
いざ生息地が判明すると
累代が簡単なのですぐに一般種扱いだな・

しかしもっと大きくならないと
アゴの根本の太さが出なくていまいち・
添加剤発酵マットで買うべきだったか?
2004/1/18 確認して羽化していた♀個体
だけどもなんでこんなにツートンカラー?  既に後翅もしまっているし固まっていると
思うんだが・・
すでに活動開始してる♀だが
まだ後翅がちょっと色薄い・・

2/26    昨年11/29に蛹だった個体を確認した なぜか羽化不全のものが・・
中身が形成されていたが羽化に至らず死んだ? 普通に羽化していたが
そのあと何故か蛹室で死んでいた♂
パッと見は羽化中のようだがこの翌日に
確認したがこのままの状態で黒くなっていた
温度は温室内は22-23℃ ただし瓶そのものは触って冷たい感じだ 
同じ状態でもちゃんと羽化してるヤツもいる

何が原因なんだろう・・



羽化した個体は ペアで2ペアほどビッダーズで放出したあと
なるげく遅めに羽化した♂♀でペアを組み
初夏当たりから 屋外でセット
セットしたときのマット名を記入してなかったが
おそらく発酵マットだったと思う
中には材は入れず なるべく堅く詰めた
マット表面からもうガチガチの状態
転倒防止に樹皮を入れたら霧吹きをした際に
樹皮の下のところがちっとも湿らないので
材に切れ端にしてみた
セットしてる♂と♀

2ヶ月ほどして8月初めに幼虫が見えるまで一度も割り出すことはしなかったが
割り出し時は卵はまったくなく幼虫ばかりだった
累代できたことで新たな世代の割り出しの画像は撮っていなかったのだが
今 画像資料を整理していると2.3齢の幼虫の画像がほとんどないことに気付き
2度目の飼育もマメに画像を撮っておけばよかったと後悔

画像は無いが累代が8月に2齢で割り出した個体が11月に♀が羽化し始めたことを
持って累代が完遂として飼育を終えた

ワイルドのような60-65mmオーバーには とても及ばないが 
飼育前は幻でしかなかったこのホソアカを飼育できたので満足! でも高かった・・・


タランドスホソアカクワガタ飼育結果へ